FC2ブログ

ドラマスペシャル白洲次郎 第2話



 のどかな風景ですが、すでに太平洋戦争が始まっています。



 白洲次郎は直接は関わっていませんでしたが、太平洋戦争中に終戦工作に奔走したのが吉田茂や近衛文麿の自由主義者グループでした。主なメンバーは、日米開戦阻止に動いたグループと同じですね。





 白洲次郎に農業を教えてくれていた人にも、とうとう赤紙が。そして白洲次郎自身にも赤紙がやって来ました。
 ちなみに赤紙の左側の部分は、配属先の部隊までの交通費を受け取るための用紙になっております。



 そして赤紙を受け取った白洲次郎が頼ったのは、元駐英武官だった辰巳栄一陸軍中将。この人は、戦後の陸上自衛隊誕生に深く関わった人物ですね。
 「こんな無駄な戦争に関わるなんて嫌ですッ」と言って、本当に徴兵から逃れてしまうのが、白洲次郎の次郎たる所以か。普通のドラマなら、このまま無理矢理戦争に連れて行かれて死んでしまう所です。
 ドラマでは、二人の間でやり取りがあった上で、辰巳栄一が白洲次郎の徴兵を取り消した形で描かれています。しかし辰巳栄一が語った所によると、白洲次郎が「僕に赤紙が来た」と言ったので、「分かった」の一言で徴兵を取り消したそうです。
 戦後の事を考え、吉田茂のグループの中で必要な人材が戦場に行くような事がないよう、事前に話を付けていたんでしょうか。



 そして吉田茂も、終戦工作がばれて憲兵に逮捕。この時点で1945年。戦争のシーンは特にないまま、ここまで来てしまいました。


 唯一の空襲に関係があるシーン。
 白洲次郎が、空襲で焼け出された河上徹太郎を拾ってくるシーン。

 そして……


 もう終戦になってしまいました。結局、具体的な戦争のシーンは一切無いまま太平洋戦争が終了。




 近衛文麿は、マッカーサーから憲法改正の依頼を受けて、意気揚々と海外の報道陣も集めて記者会見。白洲次郎は、この通訳として参加。しかし、近衛の「天皇退位の上皇を入れる可能性もある」発言にはさすがに驚きを隠せない様子。ここら辺の、ハッスルしてる近衛さんは、明らかに死亡フラグを発動しすぎ(汗




 次郎が探りを入れると、案の定、外国記者達からの近衛さんに対する評判は散々。
 次郎は近衛に忠告を入れるも、「マッカーサーからの直接の依頼を貰ったから大丈夫」と聞き耳持たず。



 そして憲法作成を担当する学者も、作業前に旅館でゆっくり。
 次郎は「早く仕上げるべき」と進言するも、やはり学者も「憲法をさっさと作れとかふざけるな」と聞く耳持たず。


 もたもたとしているうちに、米国本国での近衛の評判の悪さに、マッカーサーは近衛さんに憲法作成した事実はないと発表。「東久邇宮内閣が政府主導で憲法改正すべきと、首相の代理で通達されただけ。それを近衛が勘違いしただけ」と一方的に切り捨てる。



 そして、白洲次郎は吉田茂に誘われ、終戦連絡事務局の参与に。
「GHQの意向を先回りして、先手を打たなければならない。ちょっとでもGHQの意図を取り間違えたら、我々の敗北は決定的になる。だけどな次郎。戦争に負けて外交で勝った歴史というのはあるんだよ。我々の見据える着地点はただ一つだ。誇りある日本の再生」
 吉田茂の覚悟完了。まさに綱渡りの戦後外交の開始。




 GHQとの半ば強引な交渉の中でついた渾名は、「ミスターホワイ」、「扱いにくい日本人」、「したたかな奴」、「こそこそ動く野郎」、「陰険な野郎」、そして「従順ならざる唯一の日本人」。どれだけGHQ側から見て煙たい存在と見られていたかよく分かる。



 そして白洲正子は、自宅に居候していた河上徹太郎から聞いた青山二郎が気になり、河上が参加している文化人の集まりに強引に参加。




 天下の目利き青山二郎……って危ない人間にしか見えない。
 なんで美術関係の一流の人間ってエキセントリックな人間が多いんだろう(汗




 近衛さんには、とうとう戦犯指名が。次郎は、近衛に「病気で巣鴨プリズンでの収監には耐えられない」という診断書を発行しようとしますが、近衛さんはそれを拒否。「(戦後の日本に)僕の居場所はあるのかな」と言う近衛さんが寂しすぎる。
 そして12月6日に、近衛さんは服毒自殺。



 新聞は近衛さんの自殺に対して理解を示さず、戦争責任を問う一点張り。次郎の「奴等、近衛さんを二度殺しやがった」という台詞は、近衛さんの身近に居ただけに、怒り心頭だったんだろうな。





 空気読まない次郎でしたが、日本占領下に置けるトップ、マッカーサー相手にでもまったく変わらない。ここら辺は、近衛さんを切り捨てたマッカーサーに対する個人的な憤りもあったんだろうなぁ。


 そして、続きは8月(予定)です。
 ちゃんと放送してくれるかな……

スポンサーサイト



2009.03.22 | | Comments(1) | Trackback(0) | 雑記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-04-04 土 12:06:15 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

寄星蟲(kiseimushi)

Author:寄星蟲(kiseimushi)

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索