スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

あっちの民主はボロボロと

■ヒラリー支持派が合流=マケイン氏を応援
 日本ではまるでオバマとヒラリーが大統領選挙を戦っていたような放送ばかりでした。ですが、実際には大統領選挙を戦う相手である共和党候補マケインは、とうの昔にアップを完了して既にリングに上がっていました。
 まあ、オバマとヒラリーは、リングに向かう花道でどっちがリングに上がるかを争っていた訳です。
 でまぁ、6月頃に「こんなグダグダの戦いを見せられたら、民主党支持の人も共和党に逃げるでしょ」なんて話をマイミクのベタ藤原さんとしていたら、本当に裏切り者が出てしまったようです。逆に、ここから民主党をまとめ上げたら、オバマも本物か?
 日本の民主党も「代表戦をしたら党が割れる」なんて言われてましたが、党の名としてあまり縁起が良い名前じゃないのでしょうか。

 いま民主党に必要なのは、党名変更ではないか?

 早々に共和党代表候補の地位を手に入れていたマケインは、自らの所有する牧場に候補者を呼んで品定めをしていたのですが、そのマケインが選んだのは、アラスカ州知事サラ・ペイリン(44)@五児の母。



 で、そのペイリン副大統領候補は、軍板のですがスレによると以下のような経歴をお持ちのようで。

 ペイリン女史の戦歴
・高校時代はバスケの選手。ポジションはポイントガード。異名は「バラクーダ」。州大会優勝に貢献。
・町の美人コンテストに出て優勝。
・高校時代の同級生だった今の旦那と駆け落ち結婚。
・32才で町長選挙に当選。
・州知事になった後、州議会議員と石油業者の癒着を追求。議員3人を監獄送り。
・同上の追求過程で、共和党大物上院議員を起訴(現在も裁判中)。
・州知事になるまでは、家で食べる魚と肉は全部自分と旦那とで調達。
・父ちゃんが仕留めたグリズリーの毛皮(お頭付き)を知事公室のソファカバーにしている。
・全米ライフル協会の終生会員
・七月にはクウェート駐留のアラスカ州兵部隊を慰問。M4を構えた写真が地元新聞を飾る。


 思想・心情的にはキリスト教右派に近い保守派だけど、政治家としてはマケインに近い
「民主党に愛される共和党員」
「共和党幹部にとって頭痛の種」
 政治家のスタイルは相手を完膚無きまでに叩きのめすファイター型
「アラスカの政界では彼女の政敵者の『戦死者数』が常に話題になる」だとか。

 ちなみに旦那さんは、世界最長のスノーモービルレースで四度優勝しているそうで。


・息子は米軍に志願入隊。

 何というモンスター級副大統領候補。
 ちなみにバラクーダというのは、魚に詳しい知人によると以下のような生き物。

ちなみにオニカマス、有毒種 
こちらによると、「サメに襲われるよりもこちらの方が恐ろしい」

 しかし、

・州知事になるまでは、家で食べる魚と肉は全部自分と旦那とで調達。

 プーチンとは別の意味で怖い人だ……



■ブレア英前首相のプロポーズはトイレ掃除中に
 上と同じスレに上がってた、ブレア前英国首相の結婚話。

スポンサーサイト

2008.09.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | ニュース

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

寄星蟲(kiseimushi)

Author:寄星蟲(kiseimushi)

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。