スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

女皇の帝国

■女皇の帝国4
 ソ連に鹵獲された戦艦「武蔵」からの攻撃で、窮地に追いつめられた日米連合軍。
 「ツングースカ」と名前を変えた武蔵により4隻の空母を失い、御乗艦「銀河」からも逃げざるを得なかった内親王那子の前に現れたのは、全長2キロもあろうかという、人の手で作られた巨大な氷の人工物だった。
 氷山空母「草彅剣」。艦内を走る巨大機関車。射程120キロを越える列車砲「ユニコーン」。史上最大の90センチ列車砲「サイクロプス」。イタリアの技術者ランボルギーニによって作られた対空戦車「フーリガン・タンク」。そして爆撃機「雷神」。
 本土奪還に向けて準備を整えた日米を主軸とした連合軍は、最終決戦に向けて走り始める。
(以下ネタバレで)








 一番の驚きは、南雲さんが生還したことでしょうか。しかも、氷山空母二番艦の艦長に就任。ただ、氷山空母が万能でないことも分かっているので、第一部完となる次巻で悲しいことになる可能性も……
 そして日本の内親王に関わった男は人生を踏み外す定めなのか、ランボルギーニもヨーロッパを脱出して対空戦車の開発に関わる始末。しかも名前が「カウンタック」に「ディアブロ」(笑
 那子様を狙うソ連軍のパイロット、リリーの執念は今回も凄いものがあります。無事に子供は産まれましたが、まだまだこの先、色々と内親王と因縁が続きそうです。
 あ、ハルゼーは相変わらず、プリンセス那子LOVEでした。

 次巻でありそうな展開を勝手に予想
・ソ連軍人波木小桜vs連合軍人リリー
・南雲さん、やっぱり死亡
・ハルゼー、台風に流される

スポンサーサイト

2009.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

サイコロを買う

■クトゥルフダイス
 知り合いに頼まれた本を買いに行った時に、お店から勧められたダイス。




















 クトゥルフとエルダーサインのダイス。クトゥルフシステムでは武器にぐらいしか使えませんがなかなか良いダイス。












 石に刻まれた感じがグッド。TRPGに使う小道具にも使えるかな。




















 女性でも安心。可愛く絶望の淵に落ちる事が出来るピンク。




















 深宇宙の雰囲気が、エルダーサインにピッタリ。

■国会図書館:パンク寸前…新刊急増、本のサイズも大型化
 出版不況がこんな所に余波を……
 パンクするほど本があるというのは羨ましいな。

■与党3党:航空機ファーストクラス使用やめます
 一般の人と一緒だとセキュリティー上問題があるから、ファーストクラスにいって貰いたい航空会社も居る気がするけど(ファーストクラスの利用率も上がるし)。在外公館から食事や車などの便宜供与を受けないというのも、食事や車両を個別で手配する事が困難な国もあるから一概に悪いとも言えないと思うんだけどなぁ。

2009.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

帝国海軍MMKカー



















 第二次世界大戦紳士録より帝国海軍のレイテコンビ、小沢治三郎(左)と栗田健男(右)。第二次世界大戦紳士録はここで試し読みが出来ます。
 で、とりあえず作ったペイントで痛車を作って走ってみた。

 

2009.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

その発想はなかった

■久しぶりに、ちょっと弄ってみた


■国・地方協議、公約に追加=「27日発表分は正式ではない」-民主代表

























■オバマの問題解決能力に対する疑問
 一部で評価の高いオバマ大統領の問題解決能力ですが、こんな背景もあるようです。
 というか、この酔っぱらい教授最低だろ。私も酔っぱらいだからよく分かる、こういう人間の扱いって大変なんだよッ

2009.07.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

実験、実験

 北朝鮮の危ない実験は、とりあえず日本に被害もなく一安心。用意していたMDの出番もなく、良かった。
 しかし、ニュースでは2段目から弾頭or衛星が分離していないというものもあり、実際の所何だったのか? という問題は、今後の解析と報道待ちでしょうか。

■怪しい伝説
 で、こっちも危ない実験で、ご近所の窓ガラスを割ってしまう『怪しい伝説』ですが、普段どんな実験をしているかというと……

 「ページを重ねた電話帳が離れない」という伝説を検証していた2人組ですが、車でも無理なので、もう少しパワーのあるデカイ乗り物を用意。


 用意するモノが、すでにおかしいですが、この番組では良くある事です。


 そして実験をして結論を得るわけです。しかしこんな感じで、自分たちの満足のいく結果を生み出すために頑張る番組ですので、たいてい最初の目的と手段が入れ替わってしまうのはご愛敬。
 この番組、地上波で権利を買って放送すれば、変な番組より視聴率は取れると思うんだけどねぇ。日本のちょっとした海外番組紹介コーナーで放送されるときは、必要ない芸能人のリアクションとか、でたらめな吹替えに酷い編集が加えられてしまうのが残念。

2009.04.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

寄星蟲(kiseimushi)

Author:寄星蟲(kiseimushi)

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。